• SES

SESはここが悪い!!

私が様々なところから集めた情報を総合すると、以下の項目で90%以上網羅していると思います。

1.希望してない案件に入れられる
2.給与が上がらない
3.帰社が面倒
4.案件ガチャ
5.給与が低い
6.評価制度が不透明
7.多重商流で中抜きされる

8.スキルが付かない

どうですか?他にもありそうですかね?
もしあれば教えてください。ほぼこれで出揃ってると思います。

実は弊社ではこの全ての問題に対策を講じています。

1.希望してない案件に入れられる

最初に希望する案件のヒアリングを行います。経験が足りなかったり、タイミングが合わず希望する案件に入れなかった場合は、情報連携をしながら次の案件へのローテーションを継続的に探します。

2.給与が上がらない

みなさんが普段話すのって大体営業担当ですよね?正直どの会社でも営業に給与の決定権を持たしているところはありません。
なので、営業にいくら言ってもそのまま放置されたり、又はお給料を決める人にうやむやにされてしまうなんて事が非常に多いんです。
弊社ではお給料をお客様との契約単価に応じて昇給させる仕組みを取っているので、社内のどこかで情報や稟議が止まってしまう事がありません。

3.帰社が面倒

普段客先で働いていると帰社するのが面倒な時もありますよね。特に自宅と会社が逆方向だったりしたら尚更かもしれません。
弊社では業後の強制的な帰社は一切行っておりません。(もちろん社員が悩んでいて相談したい場合は待ってます)
どうしても帰社が必要な場合は現場調整の上、極力日中に行うようにしています。当然業務の一部なので稼働にも付けますし交通費もお支払いします。

4.案件ガチャ

案件ガチャはよくSNSなどで言われてますよね。でも、会社ガチャより全然良くないですか?本当の問題は、良くない現場に塩漬けにされてしまう事だと私は思っています。(もしくは自社に現場変えてくれって言いにくくて我慢しちゃってるとか)
先ほどもお話ししましたが、常に社員の希望を吸い上げ、迅速な対応を行っていますのでご安心下さい。
ちょっと本音トークになりますが、実は現場が良いと感じるかどうかって人によって全然違うんですよ。なので、正直入ってみないと分からない部分もあります(もちろん面談時に色々と聞きはしますが)
ですので、もし現場が自分に合わないなと思ったらいつでも連絡をくれるように社員にお願いしています。
※ていうか働きながらスキル上がったらガチャ引き直せるって実は結構良くないですか?

5.給与が低い

これはこの後お話しする予定ですが、商流が深くなってる可能性が高いと思います。こんな事自社のHPで説明してる会社見たことないですが(ブログだからいいか?)よく言われる中間会社みたいなところが一社挟まるとマージン5万くらい抜かれる事が多いです。もしこんな会社が3つくらい入ってたら15万以上持ってかれるのでそりゃ給与も低くなりますよ。
ぶっちゃけこうなる理由は一つしかないです。それは「営業力が弱い」これ以外に理由はありません。うちはほとんどのお客さんが大手のSIerかエンドユーザになりますので、新卒に700万とかは無理ですが、働きに見合った給与を支給出来ています。(ちなみに平均年収は560万です)
単価の8割を人件費に充てる高還元型の給与体系になってます。給与テーブルも公開しています。

6.評価制度が不透明

しょっちゅう帰社して上司と飲みに行ってるとお給料が上がる?そんなバカな…と思う人もいるかもしれませんが、これは事実です。会社は帰属意識がある人=長く働いてくれる人だと思っているので、そういう人から優先してお給料を上げるのは当たり前です。世の中甘くないです。
ところが弊社ではそんな常識は全く無視して、評価は全てお客様との契約単価で決定しています。普段の自分の仕事ぶりを見てくれているお客さんの評価なので納得度が高いと思います。

7.多重商流で中抜きされる

先ほどもお話ししましたが、契約のほとんどが元請企業以上の商流になりますのでマージンだけ抜くような会社が介在する事はありません。

8.スキルが付かない

これたまに見かけて意味が分からないのですが、お客さんと机を並べて同じ仕事をするので、スキルがつかないなんて事はありえなくないですか?
ロースキル案件に入れっぱなしにされる事を言ってるんだとしたらレベルアップに応じてプロジェクトを積極的に変えていきますのでその心配は弊社では無用です。

こうしてみると、SESの悪いところってエンジニアの気持ちと自社の対応がかけ離れてる事が原因のほとんどですよね。
弊社ではエンジニアが自分の仕事に集中できて、余計な事に気を使わなくてもきちんと評価されてお給料も上がっていく仕組みを整えています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。